須崎農園 日々ブロ

茨城の有機農家です。畑に田んぼにバンドに走り回っています。そんな日々を徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋の日は・・・

9月に入りました。
相変わらず雨なし。

秋冬ものの植え付けはピークを迎えました。

teisyoku2010aki.jpg

雨雲に期待するのはとっくにやめました。
カサカサの畑に川から汲んだ水をたっぷりまいてマルチング。

定植から防虫ネットと遮光ネットかけて活着した二日後に遮光ネットをはずす。

そのほかにも大根や人参、葉物など随時ジョーロや潅水チューブなどで、汲んできてはまき汲んできてはまき・・・・・・・
雨さえあればない仕事。
もう飽きました。



暑さは衰えを見せませんが、確実に季節は秋です。
仕事は山盛りだが日没は少しずつ早くなり、夕方の追い込み時はかなりあせります。
こういう時は仕事が雑になったりケガしたりしやすいので、最近では終わらない時はもう早めにあきらめて月明かりの下で残業するんですが、これが慣れるとライト無しでも結構見えます。発芽したての大根なんかよく見えます。

人間の目は高性能ですね。

でも見えてるとだらだらと8時くらいまでやっちゃうので、やっぱり日没には終われるような段取りで仕事組まないといかんですね。





スポンサーサイト

PageTop

夏はまだ終わらない

今日は室内34度。。。。でしたが、もう慣れました。
現在19時で30度。

昨日は各地でこの夏の最高気温が連発したらしく、まだまだ夏は逝ってくれないようです。

というか、今まで夏だと思っていましたが、もしかするとこれからが夏本番!じゃないんでしょうか??

だとすると、冬白菜とか大根なんて播いてる場合じゃありません。
ナスにトマト、トウモロコシをまだまだ播かなくちゃ。。。



と言うわけでナスはまだまだ元気。

CA3E0045.jpg

暑いのが好きなオクラも火を噴いてます。

一方、せっかく植えたキャベツやブロッコリーは強い日差しの下、成長が止まったまましおれています。

CA3E0049.jpgCA3E0050.jpg

まとまった雨はかれこれ40日近くありません。
微力ながら60Mベッドに1000Lほど散水しておしめり状態を作ってから植えつけています。

CA3E0051.jpg

活着はするものの、その後は自力で地中深く根を張って水を吸ってもらうしかありません。
がんばれ~




暑さ寒さも彼岸までと言いますから、それを信じてせっせとがんばりますかね。







PageTop

くもりのち雨!!

ああ、苦節40日。やっとこさ

、が降りそうです。

明日水曜夕方からまとまって10ミリほどの雨が高確率で降る予報。

これまで申し訳なさそうに出ては消え、出ては消えしてた雨マークが
今回は自信にあふれて輝いているではありませんか!

しかもその後もコンスタントに木曜、日曜と雨マーク。ぐれいと。

はずれんなよ~
頼むからはずれんなよ~。

今度はずしたら、もう、、



ローリータンク500リッター買ってやる!

積載オーバーなんてご意見は無用ですよ。
生活かかってんですから。






PageTop

だからどうしたというのだ

須崎農園の仕事をするうえで欠かせない存在。軽トラ。

様々な機械がある中でダントツの出席率。ほぼ皆勤賞です。
雨の日も雪の日も、輝くその存在感はハンパじゃありません。

仕事内容は運搬、畑内での雑用から収穫、配達、園主のアシ、オヤジの代車、デートに来賓の送迎まで、休む暇などありません。
ハードな使用にもかかわらずメンテは最小、維持費は激安。

この5年間、農園の経営を根っこから支え続けてくれました。

で、このたび、めでたく、、

CA3E0053.jpg
祝!七万七千七百七十七・七キロ走破!



んで、それがどうしたと言われたら、タイトルに戻ります。

以上。



PageTop

9月の野菜セット

9月に入り、台風~雨~適度な残暑といい感じに続いています。

しかし、夏野菜はめっきり勢いが無くなり、秋物は先月の日照りが効きまくって生育が遅い。
恐怖の端境期がもうすぐそこまできています。

秋物はミニ白菜がゆるく結球してきたものの病気が広がってきたので早めの収穫。

gokui.jpg

そろいは悪いし数は無いし、でも葉物のない中で貴重です。
食味はこの時期にしてはいいと思います。久しぶりのアブラナ科。

ネギは暑さでこちらも病気が出ています。
秀品7割くらい。

CA3E0054negi.jpg

しかし食味は極上。
卸し先の居酒屋「炭と」では炭火で焼いて出してくれますが、これがうまい。

だまされたと思ってぜひ一度。



そのほかは

ジャガイモ(キタアカリ)
ピーマン
ズッキーニ
ナス
水ナス
キュウリ
島オクラと赤オクラ



オクラはそろそろ手が届かなくなってきました。

beni-.jpg

PageTop

長女誕生!

昨日昼過ぎに娘がうまれました。
初めての自分たちの子供。なんともいえない感動です。

これで私も人の親。
今までの無責任な人生の反動か、両肩にズシっと重くのしかかるものを感じます。

気にしてくださっている皆さま、ありがとう。
おかげさまで母子共に元気です。

今後もお世話になりますので家族ともどもよろしくお願いします。


CA3E0060.jpg


PageTop

冬ネギの畑から

長女が生まれて2日。
仕事なんかほっといて行きたいのですがそうもいかず。

CA3E0058negijyosou.jpg

冬ネギ畑の掃除をして軽く土寄せしたらあっという間に夕方になり。

どろつきで病院へ行くと入れてもらえないのでちゃんと着替えて顔と手を洗って行きます。

しかし、娘はまだ隔離部屋から出してもらえず、私のような汚いものは当然出禁であり、入り口のドアも少ししか開けてもらえません。

明日かあさってまではガラス越しに見るだけの逢瀬です。
我が娘に触れたのは出産直後の一瞬だけ。。。


クォラァ!看護婦!
ちょっとでいいから触らせろー!(看護婦さんをじゃないよ)


もどかしい日々です。




追記

子供の記事を書き出すときりがなく、子供ブログになりかねませんので
今後は自粛しようと思います。


PageTop

漆黒のズッキーニ

今日は暑さ再来。

一度は片付けたポンプをまたもや引っぱりだしてきて夕方から植えたばかりの白菜に水やりです。
同時並行で大根やカブの種もまき、終わった頃には真っ暗でした。
日没が早くなりましたね。




は!!忘れてた。
ズッキーニが2日も放置されています。
今日の夕方にはとらなきゃマズイ!って思ってたんですが。。


ん~めんどくせーな、あしたでいーや


という意見もありましたが、今は野菜のとぼしい時期。

ズッキーニは半日でドでかく成長するのでほっとくと自家消費用にしかならんヘチマばっかりになります。
今は1本でも多く出荷できるものが欲しいので、、

CA3E0078.jpg CA3E0079.jpg

暗闇のズッキーニ収穫となりました。

ヘッドライト(アタマにつけるやつ)をつけてズッキーニの株をさぐっているとまるで宝探しのようでワクワクする
わけがありません。

ギリギリセーフとギリギリアウトに分けて、かろうじて出荷予定数クリア。ふぃ~




PageTop

夏はまだまだ終わらない・・かと思いきや

きのうは午前中に34度を記録。

今日は一気に秋深し。
外気午前中で18度、明日は15度!きるとかどうとか?

今年の夏はドカーンと始まってプシューと一気に終わるのでしょうか?


彼岸を境にここまで極端に変化しなくてもいいと思いますが。


今週で夏野菜が軒並み終了すると、畑にはネギと未結球白菜が残るのみ!
8月中に播いた葉物類はほぼ消えてしまい、後口はまだとれません。

ピンチです。


そして、南の海上には強めの12号様が控えておられるようですね。
最接近が土曜日の午前中。

ん~週明け出すものあるのだろうか?

リーチかかってます。






PageTop

田んぼの会 vol.8 ヒエ取り

東海村内の田んぼを借りて一般の方々に参加してもらい、田んぼの仕事を全部こなしてもらい、収穫も山分けしてもらう。
9月になり、他の田んぼは稲刈りが終わっていますが、こちらはもう少し。
寒暖の差が出てくる10月になってからです。


前日の12号が吹き荒れて、今日は台風一過。
穏やかで気持ちのいい秋晴れです。

朝の気温は10度??マヂか?
先週の34度がうそみたいです。

田んぼはヒエがヒョコヒョコ見えます。ほっておくと旺盛に種をまきちらし、翌年は千倍になってはえてくると言われます。
さあ、きっちり取ってしまいましょう。

CA3E0085.jpg

とは言うものの、今年は気候の影響から稲がバタバタと倒伏してしまい一緒にヒエも倒れて稲の下敷きになったりして、見つけづらいのです。

一列ずつかき分けて探しながら取っていきます。
でもみんなでやれば午前中にはあらかた終了。

毎年のことですが、周囲の田んぼは早くも稲刈りが終わり、きれいなもんです。

CA3E0086.jpg

子供たちは刈り跡をレールに見立てて機関車ごっこ。
はだしで駆け回る男の子を見るのはうれしいですね。どんどんあばれてください。
ひとの田んぼですけど稲刈り後の今はどんだけ遊んでもOK。

CA3E0082.jpg

存分に遊んだら昼メシ。
おいしそうに食べる子供たちを見るのはうれしいですね。どんどん食べてください。



さて、いよいよ来週は稲刈り。
晴れるといいですね。







PageTop

県北で有機農業をやりたい人へ!

私も参加している県北有機農業者のグループ「野良の会」が行政と組んで行っている有機農業研修事業。
親方が中心となって、今年で2年目になります。

現在来年の研修生を募集しており、10月16~17日にオリエンテーションが行われます。
希望者はこちらを見てからこちらへ。

今日の茨城朝日にも載ってます。

100929茨城朝日研修事業記事


本気でやってみたい人にとっては本当にいい環境で勉強できると思います。うらやましい。

また、研修中に近隣の有機農家とも太いパイプができますので研修終了後の就農時にも何かと心強いですね。


親方は県北有機農業のパイオニア。
農業研修は長期になるので、こういう人にはりついて技術なり生き様なり学びえたものは、生涯決して無駄になることはないと思います。
逆に、はりつく相手を間違えると無駄な時間をすごすことになりかねないので、これから研修したい方は自分のやりたい方向に合っているかよーっく考えて研修先を選んだほうがいいです。






PageTop

田んぼの会、稲刈り体験部隊を募集しています!

東海村内の田んぼを借りて一般の方々に参加してもらい、田んぼの仕事を全部こなしてもらい、収穫も山分けしてもらう。

今週末は稲刈りです!!

tanbo004.jpgtanbo006.jpgtanbo003.jpg
tanbo005.jpgtanbo001.jpgtanbo002.jpg


天気もよさそうなのでメンバー以外の方にもたくさん参加してもらい、みんなで収穫の喜びを山分けしようではありませんか!
飛び入りの方には昨年のお米ですが、1升をお土産に差し上げます。

10/2(土)、3(日)午前9時から (雨天の場合は中止です)

詳細は事務局加藤さんにメールで。yos.kato@nifty.com

今日の茨城朝日にも載っています。

100929稲刈り募集記事

親方の記事のちょうど裏面ですねー。
見逃さないように!!





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。