須崎農園 日々ブロ

茨城の有機農家です。畑に田んぼにバンドに走り回っています。そんな日々を徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

おおっと!

ひやっとするようなでかい余震がまだまだ続きます。


うちのボロ屋敷は築60年の入母屋の本2階の軟弱地盤です。
アタマが重く基礎は貧弱、地盤はゆるゆる。

CA3E0309.jpg CA3E0326.jpg

本震の時に近所の人たちが見に来ては「なんだくずれなかったのか」と。
壁や構造材もやられるところはやられた感がありますが、なぜか瓦は一枚も落ちませんでした。
なにげに免震構造なんでしょうか。
でもまだまだ心配です。

傾きが以前にも増して余震のたびにビシッとかメキッとか気分の悪い音を出すので嫁さんの実家に避難してそのままマスオライフに突入しています。
解体して代わりの家を建てるまでは少し落ち着きませんが、最近になって生活ペースもつかめてきたのでブログにも手をつけられるようになりました。今後も適当に更新続けます。


生後7ヶ月の娘は本震の時こそちょっと緊張した顔していましたが、最近は震度5程度では起きず、3,4の余震などは当たり前だと思っているようです。
メシはよく食うしおっぱい飲んで寝てどんどん重くなってきてます。
物心つくころには普通の生活が送れているといいんですが。


スポンサーサイト

PageTop

田んぼの会 vol.1  畦作り

東海村内の田んぼを借りて一般の方々に参加してもらい、田んぼの仕事を全部こなしてもらい、収穫も山分けしてもらう。

今年の田んぼはのっけから大震災で始まりましたがメンバーの皆さん、今年こそ食料自給について考えていこうではありませんか。
そして、主食を自給することの喜びと大切さを身をもって感じていきたいですね。

と、思い皆さんに集まっていただいたのですが、、

ここらの田んぼは給水設備の被災によって、な、なんとあっけなく「今年は耕作中止」ということなり、、、、
復旧はさっさとあきらめてしまったようです。
田植えを遅らせても復旧しろや!!田んぼの会みんなで押しかけるか。

4月にもなっていきなり作付けダメと言われても困ります。
しかし時はすでに遅し。

仕方が無いのでわずかに湧き出る山水を引ける田1枚6aを今年の会の田んぼといたしました。。

CA3E0335.jpg

今日は丁寧にみんなで周囲の畦の手入れをしました。
あきらかに人口過密状態です。作業は瞬時に終了。

今後貴重な山水を引き入れて干上がらないようにギリギリの稲作を敢行します。
うまくいくでしょうか?

CA3E0337.jpg

お昼は輪になってお弁当。
今年は小さい子が増えてにぎやか。
去年は男の子が多く駆け回ったり虫取りしたりでしたが、今年は女の子が多く、花を摘んだりレースにしたりと、メルヘンな感じが漂っております。
うちの娘もそのうち仲間に入れてもらえるでしょうか。





PageTop

植えつけラッシュスタート

4月に入り、とにかく播けや植えろや~~の日々が続きます。

毎年桜のいい頃は忙殺されてなんだかわからないうちに散っているということが多いです。

今年はやや春が遅く、開花も遅め。
植えつけもタイミングをみて一気にやります。

そして、植えつけに欠かせないマルチ張り。

CA3E0318.jpg

完璧に仕上がったマルチャーをブイブイ言わせます。
ニイハリ2号と名付けました。使えます。
1号もあったのですが欠陥野郎だったので単純労働に格下げしました。


さてお次はネギ。休んでるヒマはありません。

CA3E0321.jpg

こちらは近所の友人からお借りしたスーパー神マシン「ひっぱりくん」。

プロのネギ屋御用達の逸品だけあって50m3条なんてのはひっぱりくんにしてみりゃ暖気にもならねーよてな感じでしょうか。
あまりにあっけなく終わります。


便利な小物たちの活躍で作業は多少早くなりましたが、、、

さあその次は葉物の種まき、その次はトラクター、堆肥まき・・・・・・と延々と続く津波のような仕事にのまれて春は過ぎ去っていくのでありました。






PageTop

新顔トラクター導入そして・・・・

だいぶ前から近所の農機屋に探してもらってた安くて頑丈でちゃんと仕事するトラクター。
そんなのでねーよと言われていましたが、ふとした拍子に出物があったようでうちにやってきました。

CA3E0316.jpg

紹介します。サトーです。
サトーって、、と言われましても、名札にサトーと書いてあるので仕方ないでしょう。
ライトの下にSATOHと彫ってあります。横にはKUMIAIのエンブレム。

こりゃー頼もしいなーなんて気分良く田んぼ掘りをしておりました。


突然、バキッガラガラ・・・・・と明らかな異音。

自慢じゃないが私はボロいトラクターしか乗ったことがないので、いつどこでどこがどう壊れるかわからないオンボロの体調をチェックするのに音と振動を常に気にしながら乗るクセがついています。
音の出所と音質から、今回は致命的な確立高し!!!

CA3E0322.jpg

フタをあけてみたらラジエターファンの軸がエンジン本体の付け根からパッキリ折れていました。
部品交換です。40年前の型式で部品が新品であるのはほとんど奇跡です。
中古部品は出物待ち。

部品がなければオシャカです。。。。。。


今回はダメか、、と思っていたら、しばらくしてミヅビシのどっかの営業所の倉庫からなんと新品を掘り出してきてました。
・・・・・さすがは農機屋Kさん!そして私以外にほとんど需要がなかったであろうこの部品を何十年もとっといてくれたミツビシの方たち。
感謝。


おかげでなおり、また何事もなかったようにガオーっと仕事してくれています。
古い機械は基本的に質実剛健なつくりで、こわれてもすぐなおって仕事に戻れるようにできていますが、部品がすでに製造されていないのがネックです。
基本設計が40年ももつ仕様なんだから部品も責任持って50年くらいは作っとけ!と言いたいところですが、、、

むりでしょうかね。。






PageTop

冬ネギの種まき

今年はなかなか寒さが逝ってくれません。

大活躍の不織布。

CA3E0315.jpg

さらに今年はヨウソ、セシウムに加えてストロンチウムまで降ってくる危険性があり、このうすい布が付着防止に相当な効果を発揮するというデータがあり、そういう意味でも予防的に張っておきます。
いやな春です。

それでも布の中ではキャベブロレタスなどが元気一杯に育ってくれています。


一方、先日夏ネギを植えたので今度は冬ネギの播種。
すでに冬の心配が始まっています。

CA3E0314.jpg

ごろごろと無造作に転がっているのが種の空き缶ですが、今年は4缶と少々。
1缶5千粒入りでこれ1缶が5千円!!もします。合計で2まんえん以上です!!

もう、絶対、決して発芽不良などあってはなりません。
「1粒1円、2粒2円」などととなえながら、目を血走らせて作業を進めます。

冬ネギは収穫まで半年以上もあるリスクの高い作物で、その間草や干ばつやネキリムシなど幾多の難所があります。
でもやっぱり冬のなべにネギは欠かせませんからね。
今年も一生懸命作ります。



PageTop

菜の花畑

4/16

寒さが続くが徐々に春本番。
友人S宮S太郎が福島南相馬へ支援物資を届けるとのことでうちの畑からもトウ立ち寸前のネギやキャべ、カブなどをわんさか持ってってもらう。
現地ではスーパーも開店しだしたがまだまだ品薄とのこと。

畑は菜の花が満開。

CA3E0317.jpg

まっ黄色の大海原のなか、大根の白い花。おおよそ根部からは想像もできない可憐な感じな花です。

CA3E0321_20110505222633.jpg



例年今頃はタケノコがニョキニョキ出てくるのに、今年は遅い!
地震の影響が少なからずあるのでしょうか?




PageTop

吹き荒れる嵐

ここんとこ風の強い日が続きます。
何度なおしてもまた飛ばされるベタがけ資材。

CA3E0322_20110505222632.jpg


雨降って風吹いて照ってまた風吹いて。
直して飛んで、直して飛んで、、、、


こっけいな姿です。

PageTop

東京行ったら・・・

ヤボ用で都内へ。
天気もいいし、バイクでびゅーんと行ってきました。

帰りの道すがら、いなかもん根性丸出しでうわさのあの木を見に。



ドン!

CA3E0324.jpg

ドドン!!

CA3E0331.jpg

ヒェ~~~~!!!!タケ~~~~~!!

CA3E0325.jpg


震災時のスカイツリーを見たという江戸っ子オヤジがいたので話を聞くと、周囲のビルはゆっさゆっさ振られていたが、ツリーはほとんど揺れていなかったとのこと。内部の免震構造を、まるで自分が設計したかのごとく詳しく話してくれました。
いやーすげーもんですね。

しかし、こんなもんも想定外とか言われてポキッなんて折れてきたらたまったもんじゃありませんね。
怖くなって早々に退散してきました。


PageTop

田んぼの会 vol.2  種まき

田んぼの会4月2回目。

種まきです。

天気もいいし、ポカポカです。

CA3E0337_20110505230122.jpg

今年は震災の影響で給水設備が破損し、復旧には数ヶ月かかるから稲作中止、と軽く言われてしまったので給水設備不使用でなんとかできないか試験中。
種まきは試験田6a分のみ12枚です。

種籾は1キロちょい。

メンバーは20名近く。

一家族1枚担当を決めてじっくりと播いていただきます。

みなさん、かなり丁寧に播いていただけたようで、

CA3E0345.jpg

その後の生育もばっちりです。

あとは、、、
田んぼにしっかり水がたまるかどうかですね。







PageTop

出荷再開!

2週ほどお休みしていた野菜のお届けを再開しました。

春の葉物がたくさんとれ始めました。
露地の葉物はちょっと前まで基準値を超える放射線を検出するものがあり出荷規制が出されていましたがほぼクリアになりました。村内モニタリングポストの数値も今では事故前の3倍程度まで下がり(一時は10倍くらいでした。)ちょうど放射性ヨウ素の半減期に沿った下降線をたどっているように思います。

今後は土壌の積算放射線量が気になるところですが。
村に動いてもらいましょ。個人でやってもデータがばらつくし、なにより金がかかりすぎます。


さて今週の野菜は、

春大根。

CA3E05052116.jpg

丸々太ってうまいです。


あやめカブ。

CA3E05052119.jpg

採食、もとい才色兼備の人気者。

そのほか

サニーレタス
ハネギ
チンゲンサイ
里芋
パセリ
小松菜
葉大根
ラディッシュ


育苗ハウスでは夏の果菜がメキメキとでかくなってきてます。

CA3E05052115.jpg

なす。こりゃ楽しみだ。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。