須崎農園 日々ブロ

茨城の有機農家です。畑に田んぼにバンドに走り回っています。そんな日々を徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ジミヘン

朝もはよから収穫中です。

今日は畑であの有名なジミヘンがとれました。

CA3E0420.jpg     JimiHendrix1.jpg


ダメっすか?

スポンサーサイト

PageTop

気づけば・・・・・・・・

早いもので6月もはや中旬。
梅雨のわりには雨も少なく、畑仕事するにはいい梅雨です。
それでも気温と湿度はぐぐぐっと上がって体にはこたえますね。。

自販機前を通りがかるとつい、ふぁんたとかカルピスソーダみたいな高糖度炭酸系を一気飲み。
うまいんですねー。これが。合成甘味料の恩恵を力いっぱい受けています。


そんな中、晴れ間をぬってサツマイモ植えや堆肥まき、ヌカまきなど。

CA3E0427.jpg   CA3E0421.jpg

雑草の勢いもハンパじゃありませんね。
気づけば草やぶと化している畑などもありますが、なるべく見なかったことにして対処しています。




PageTop

ああ、、無情。

朝方と昼前のスコール2発。
雨降って地固まるが、キャベツは割れます。

うちの春作キャベツ3回目の口。
青春2号というやわらかさが売りの品種です。

CA3E0428.jpg

無情にもビシビシ割れていきます、、、、切ない。
やわらかいは、割れやすいの同義語です。

適期収穫が肝心ですね。ごめんよ、青春2号。



凹んでいるところへ近所のおっちゃんが。
巨大なニンニクをお持ちです。今作は気候もよく、うまく作れたそうです。
そして、須崎農園のニンニクと勝負してみようじゃないかなどとおっしゃるではないですか。



んむむむ・・・・・。  CA3E0430.jpg お見事。。


「ニンニクはねー、カリだよ、カリ。2月の追肥でカリ!」

だまってうなずき、彼のニンニク1個と、うちのニンニク3個を物々交換させていただきました。
クソー!うちだって、たまにはでかいのが、、、、ない。

ニンニクには毎年泣かされます。










PageTop

トウモロコシ畑でつかまえて

夏の人気者トウキビ。

CA3E0morokosi1.jpg

今年は葉色も良く、元気いっぱいに青春を謳歌しておられる様子です。


人気なのはなにも人間様に限ったことではありません。

かわいいトウキビにたかるあやしい影。穂の先端が部分的に茶ばんでいます。

CA3E0432morokosi.jpg

くさいぞ・・・・・
ほじくってみると、

CA3E0434meiga.jpg

つかまえた!やはりおめーか。

CA3E0435meiga.jpg

トウモロコシが大好きなアワノメイガの幼虫です。
こいつのおかげでトウモロコシは3分の1が出荷不能になり、3分の1がクレーム覚悟の出荷になります。
慣行農家では殺虫剤一振りで解決することですが、うちでは一株ずつ雄花を手でちぎってメイガもろとも捨て去っています。

いやこれがまた劇的な効果をもたらすこともなく、、収穫時に泣くことになるんですが、
トウモロコシはさらに空からカラス、森からハクビシンと、鳥害、獣害、虫害のオンパレードです。
イノシシやサルがいる地域ではさらに油断できない。

チミモウリョウの熱い視線をビシビシ浴びながら無傷で収穫までいたったものはもうすでに神の域。
無農薬栽培のトウモロコシは貴重な1本なのであります。

お客様、多少の虫食いはなにとぞご勘弁を。。






PageTop

田んぼの会 改め サツマイモの会

山水のみで作ろうと思った田んぼは湧出量が明らかに足りず、残念ながら今年はあきらめることに。。

せっかく集まっていただいた皆様、来年まで闘志を温存しておいてください。


そして、せっかく空けていただいた年間スケジュール。
土に触れ、農業を身近に感じていただくのに稲作がだめなら畑作を、サツマイモでも育てましょうか!

てことで、みんなで芋苗を植えて、草をとり、たっぷりサツマイモをとってやろうという企画に。
フタをあけてみれば、田んぼの会よりたくさんの方に参加いただきました。ほとんどが子供たちです。

CA3E0440.jpg

みんな真剣。
1本1本丁寧に植えていき、ちょっとでもゆるいとお母さんから「もっと押さえて!」と、喝が入ります。
いやはや、秋の豊作を見越した喝ですから、力がこもっております。


食べ物を育てる、そして収穫するという人間本来の営みには、現代人には忘れ去られてしまったかもしれない、なんとも言えない喜びがある気がします。

子供たちにはそれを本能的に感じてもらえたらいいなと思います。




PageTop

トマト様、ご機嫌うるわしゅう

昨夜は里美にて親方の畑見学から勉強会へと突入。
県内各地の有機農業者が集まり、ガッチリ議論。
レベルが高すぎていやはや、ついていけん。

親方の気合の入った畑は見事。
ただ、最近使い始めた自前の落ち葉堆肥の効果が気に入らないので、今後が勝負とのこと。
土と対話しながらじっくりと仕上げていくのだと思います。
まさに百姓の醍醐味ですね。


さて、たっぷり刺激をいただいたところで我が家の草だらけの畑へ。

トマトハウスでは大玉一段目がとれ始めました。

CA3E0444.jpg

毎年なかなかうまく作れず、お客様にはヤキモキさせてしまっている大玉。
今時期、配達に伺うと「今年のトマトはどう?」と聞かれ、続けて
「家族みんな楽しみにしてるからね」と、ややキツめに釘をさされます。ヒィー

青果市場でもダントツトップの扱い量を誇る大人気のトマト様。
はたして今年の夏はいかほどに。。





PageTop

チャージオッケー!

梅雨はあけたか??
暑さが体の芯まで浸透してきます。

またしても自販機のボタンを。
魅惑の仮面サイダー。

kamencider_9shot.jpg

今日も元気に一気飲み。
ケミカルチックな後味で口中がネトネトしますが、うまいんです。

さあ、夕方の追い込み、これであと3時間はがんばれます。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。