須崎農園 日々ブロ

茨城の有機農家です。畑に田んぼにバンドに走り回っています。そんな日々を徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ふたたび新治へ

新治といえば久松農園

うちと同じ宅配セットスタイルで、出荷数はなんと月に400コ・・・・・・・。
週に100、一回に40から50ケースですのでそれだけでうちの一週間分です。

出荷日はさぞかし戦場と化しているだろうと思ってのぞきに行ってみたんですが。

CA3E0159.jpg

集荷場は整然と箱詰めを待つ野菜たちがそろっており、氏がたった一人で仕分けをしていました。
パートのおばちゃんたちの怒声が飛び交い、歩く場所もないほど野菜が詰まれた場所を想像していただけに、あまりのシンプルさとスムーズさにおどろきました。テキパキとセットができていき、余裕さえ感じます。

氏いわく、「人を使っているので、段取りは前々から立てとかないとならない」
んー、これがすべてでしょうかね。出荷日の朝起きて、さて何とろうかなでは50ケースはできませんよ。

この前々からというのも、前日とか前々日の話だけではなく、事前の計画が練られていればいるほどスムーズな訳で。
これができるようになると、出荷計画から栽培計画、栽培管理に収穫適期の見当まで、より精度が上がり、営農が楽しくなることでしょうねーー。未経験なのでさっぱりわかりません。

綱渡りとかその日暮らしとかいわれるうちの営農にも取り入れられるよう参考にさせていただきます。
毎度お世話様です。



最後に畑を見せてもらってた時、ドでかいトラクターで畑を爆走する女性がいましたが、久松さんのお弟子さんのYさんでした。

CA3E0164.jpg

Yさんは特に小柄な方ではないので、トラクターがどんだけでかいかってことです。





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。