須崎農園 日々ブロ

茨城の有機農家です。畑に田んぼにバンドに走り回っています。そんな日々を徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

村独自の農産物認証制度、ビバ!発足!!

東海村もやるもんです。
独自の農産物認証制度TAS(とうかいあぐりかるちゅあるすたんだーど)が始まります。

TAS2.jpg

村内の生産者が作ったものを抜き取り破壊検査にて農薬の残留検査をし、通ればメジロシールとやらを貼って主に村内の流通に乗っけるというもの。メジロが3羽いると栽培期間中農薬化学肥料使ってませんよと村がハンコ押したことになります。

有機JAS法により、検査機関の認証を受けたもの以外の農産物は袋に直に有機と書いてはいけない為、メジロのシールで表現する代替策です。有機JAS認証とるのはめちゃ高くつきますからね。
村内流通のものぐらいは村で基準作って有機農家を応援してやろうというありがたい制度です。

バカ高い検査費用は村持ち。いい村です。



これをきっかけに有機栽培やる農家が増えるといいですね。
増えてきたら堆肥散布機や堆肥運搬専用ダンプ、デカめのハンマーナイフモアなど有機栽培に便利な機械を格安レンタルしてさらに広げていけませんかねー。立派な植物性堆肥のプラントもあるわけですし。


しかし、うちの村はサツマイモが植わる5月になるとDDやクロピクなど土壌クンジョウ剤の空き缶がそこらぢゅうの畑にゴロゴロする土地柄。有機農家なんてのは超マイナー生物です。
村の予算を決める村議のせんせい方は少数派にきびしいので、難しいでしょうかね。。







追記
イマハシさん。ミカンごちでした。
℡わかりませんがブログ見ていただいてるようなのでこちらからお礼を。

CA3E0182.jpg






PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。