須崎農園 日々ブロ

茨城の有機農家です。畑に田んぼにバンドに走り回っています。そんな日々を徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

有楽町へ出張です。

百姓には無縁の都心への出張。
しかし、今日は有楽町まで出張販売に来ています。

CA3E0247.jpg

日比谷交差点近くのアルマーニ隣のビル。おっしゃれ~な感じのするビジネス街ですね。
地方の市町村民がこの大都会で田舎臭を漂わせながら特産品のPRをするふるさと情報プラザというイベントスペース。
今日はわが東海村のいいものをずらっと並べてスカした都会の方々に買っていただこうという趣旨です。

CA3E0251.jpg

特産の干し芋やイチゴ、地酒にまざって須崎農園の野菜たちも並べます。

ピンクのハッピでそろえたユニフォームで目立ちまくり。
珍獣でも見るような目で野菜よりも何よりも私たちに目がいくようですね。

とどめのイモゾー君。

CA3E0249.jpg

村のゆるキャラです。
通りがかりの外国人に大人気で写真撮られまくりでした。
入っているのは役場のOさん。ご苦労様です。


イモゾーの集客力もあり売れ行きもそこそこで一日限りのPRイベントとしてはうまくいったほうだということでしたが、どうもそれっきりであとにつながる気がしないのですが。

「あー東海村、原発と干し芋有名だよね、行かないけど」
的な感じでしょうか。良くて。

大方は阿見や大洗のアウトレットやテーマパークなど安易な観光地に渋滞作って行くのが普通なんでしょう。

いやいや、そうじゃない方もたくさんいると思いますが、東海村はそっち方面ではてんでPR材料に乏しいですね。

でも、自分はわざわざ金かけて観光のための整備をして、移り気な都会人を呼び込まなくてもいいような気がします。あたっても継続が難しそうだし、ハズしたら痛すぎます。

それより東海村の都会と田舎が混在した環境を生かして村内および近郊にアピールしていき、地産地消をもうちょっと多様化して浸透させ、近場でのカネとモノの流れを活発にしたほうが楽しいと思います。
ヒマさえありゃ地元探索。探せば見つかる地元のいいもの。楽しそうです。

さあみなさん地元で遊びましょう。



以上、育苗開始で遠出不可の百姓からの進言でした。



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。