須崎農園 日々ブロ

茨城の有機農家です。畑に田んぼにバンドに走り回っています。そんな日々を徒然なるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

BDFトラクター始動!

昨年末からメインのトラクターの燃料を軽油からBDF(バイオディーゼルフューエル)にかえてみました。
BDFとは使用済みてんぷら油なんかを精製してディーゼルエンジンの燃料にしたものです。

見た目はまんま検尿、いやいやてんぷら油。

BDF.jpg

においもてんぷら。排ガスもてんぷらのにおいがしてます。
排ガスが軽油の鼻をつく臭いではないので向かい風での作業も前より心地よくできます。
ただし、二日酔いのときはきつくなるでしょうね。

下はおなじみ軽油。

Diesel.jpg

やや蛍光色がついてんのかな?ガソリンとかと判別しやすくする為でしょうね。

BDFは粘質がかってるのでほんとにこんなんで燃えんのかな?って感じですが、使ってみたらなんら変わりなくガンガン回ってくれます。
ディーゼルエンジンって懐が広いというかなんというか。なんか燃えそうなものだったらたいがいOKなんでしょうかね。
近所のじいさんなんかミリンでも動くぞ~とか言ってましたけどそれはさすがに。


BDFはどうやらまだ試験段階で、今んとこは最新式でないエンジンだと特に問題なく回るそうです。
コンピューター制御がガンガンに効いたやつだとそこかしこにつまりが出たり具合が悪くなったりとか。

うちのメイン。イセキの耕太。ん?親方の愛息と同じ名前じゃないか?

おそらくここ2、30年は最新なんてよばれてないでしょう。
鉄の部品をふんだんに使った剛健な作りと、頼もしい顔つきがなんとも好きです。

P1010238.jpg

ローアングルからたくましさを演出。遠くを見つめる瞳が頼れる男をイメージさせます。
ライトはこわれてつきませんが。



話をもとに。

今は東海村が村内のNPO「菜の花エコプラン」に委託しているBDF生産業務に付随して利用調査を行っているのでその一環としてウチのトラクターも提供を受けています。ゆくゆくはエコプランが育てた菜種を搾油し、村内の給食で利用、廃油を農耕車に使って浮いた油代で食材を収めるという循環をしたいとのこと。うまくまとまるとなかなかのイメージアップにつながるんじゃないでしょうか?


しかし、後日試験結果を送らなくてはいけないのですが、もし故障があったとしても機械の寿命なのかBDFの影響なのかわかんないのが一番の問題ですね。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。